コンテンツSEO

contentsコンテンツSEOとは、外部の被リンクに頼らず、良質なサイトコンテンツを構築し、サイト内部に検索キーワードを盛り込んでSEO的にも効果的にしていく考え方です。コンテンツSEOに取り組めば、どんなにアルゴリズムが変わっても手元にコンテンツという財産が残るので今ではSEOの王道となっています。良質なコンテンツを継続的に作成して更新していくのでもちろん検索エンジンの順位も安定して上位表示します。Googleのミッションに則したユーザーに役に立つコンテンツを作ることが最後に勝つSEO対策です。

 

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティング

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングは違います。コンテンツマーケティングとは、ユーザー(お客様)にとり”価値ある良質なコンテンツ”を提供し続けることにより収益につなげるマーケティング戦略全般を言います。コンテンツとはWEBサイトであれば記事、画像、動画などすべてがコンテンツでありブログやソーシャルメディアも広く含まれます。コンテンツSEOは、コンテンツマーケティングの中の1つの手法です。コンテンツマーケティングの定義は、適切で価値ある一貫したコンテンツを作り、それを伝達することにフォーカスした、戦略的なマーケティングの考え方をいいます。

コンテンツSEOのポイント

コンテンツSEOのポイント

コンテンツSEOを行う上での大事なことを簡単にPOINT5個にまとめました。参考にしてコンテンツ作成を頑張りましょう。頑張れば頑張った分だけ財産となります。Googleは、ユーザーにとって良質で有益なサイトでキーワードに合致したサイトを上位表示するために日々アルゴリズムをアップデートしています。コンテンツSEOは、良質で有益なコンテンツを作っていくことなのでその視点から考えてサイト構築をしましょう。
POINT1 役立つ情報かどうか

ユーザーにとって本当に欲しい価値のある情報ってなんでしょうか。現場でしかわからない生の声だったり、お客様の声、体験談やよくある質問QandAなどがいい情報でしょう。コンテンツSEOではよく使われる企画です。まずはこういったページを増やしていくのもいいでしょう。Googleはユーザーがすぐにほしい情報をすぐ手に入れられる検索エンジンでありたいのです。そういう視点でサイトを作っていきましょう。

POINT2 オリジナル文章と画像

例え、ユーザーにとって役に立つ情報といっても他サイトのリライトやコピーサイトは重複ページとしてペナルティの要因になります。先にアップされていた情報やWEBサイトがオリジナルとGoogleは認識します。評価されるサイトは、オリジナル文章とオリジナル画像でそのサイトでしか入手できない情報のコンテンツが最高です。GoogleはパンダアップデートのアルゴリズムによりそういったWEBサイトを取り締まっています。オリジナリティのあるサイトが競合他社に勝ちます。

POINT3 1ページごとのテーマを決める

各ページごとにテーマを決めて、このページはこのテーマにしようと、1ページ以内にたくさんのテーマを入れないようにしましょう。TOPページにはビックワード1つ、2階層目3階層目には複合ワードで狙うといった戦略も有効です。1記事1000文字×3企画を1つのキーワードで各ページに書ければ理想です。

POINT4 読みやすい文章ライティング

難しい文章ではなく、誰が読んでも読みやすい易しい文章がライティングの秘訣です。文章のライティングも勉強して技術を学べばある程度向上します。色々な文章の書き方があります。ロジカルに「総論、各論、結論」の骨子を作ってから書いたり、主語・述語に気を付けて書く、修飾語、被修飾語が分かりやすく書く、句読点の使い方に気を付ける、それだけでも結構違ってきます。まずは競合他社のサイトを調査、分析してどういうキャッチ、どういう文体をつかっているのかを知るだけでもかなり勉強になります。どういう文章にユーザーは集まるのか想像を膨らませて研究してください。

POINT5 上位サイトの研究とSEO会社のサイト

コンテンツSEOのやり方として、是非、一度「SEO対策」のキーワードで検索して1ページ目に出てくる会社のページを見てみてください。なんとほとんどの会社が同じことをやっています。「SEO対策」のビックワードで上位表示しているサイトは全てSEO業者のサイトです。ここにSEO対策のすべてがつまっています。サイト構成ですが、まず、目次があります。そして、キャッチ+写真+文章の構成で長文ページで作成されているのが分かると思います。1ページ内に相当量のコンテンツを入れているのもわかりますよね。長文であればあるほど上位表示する評価の高いアルゴリズムに引っかかるようです。

SEO申込

SEO対策の専門コンサルタント:俺のSEO.comのTOPへ戻る