アルゴリズム解析

argorismアルゴリズムが日々アップデートされて数か月前に上位表示に押しやった要素がすぐに効果がなくなったりします。SEO対策の王道はあくまでも、ユーザーに有益なコンテンツを届けるためのサイト構築が軸ですが、細かい技術はあります。WEBサイトを上位表示に押し上げる大事な要素と順位変動を起こさない要素を弊社では様々なサイトでテストしています。各サイトで比較し効果のでる良い要素を決めていきます。有益なコンテンツ、IP分散、被リンクがついているサイトとテキスト量が多い事がいい要素であることなどは基本です。さらに、細かい要素の見極めをアルゴリズム解析では行っています。

[概要]

複数のサイトの順位変動のデータを元にしレーダーチャートを作成し、現在最も効果のある要素から効果がなくなった要素までアウトプットします。検証を繰り返すことでどの要素が順位を上げる要因となっているか社内で成功要因を蓄積します。最新のアルゴリズムの状況やアルゴリズム変動を明確に把握できます。判断に困った場合はGoogleガイドラインに沿って判断をします。コンテンツSEOは今のところ、アルゴリズムのアップデートにも左右されず大事です。

❚アルゴリズムのキャッチアップ

アルゴリズム解析

検索エンジンのアルゴリズムを解析しながら、最新のSEO対策を講じていきます。アルゴリズムをきちんと追いかけどういうサイトが評価されているか日々調査しています。最新のアルゴリズムに適した有効な対策を把握しなければ進化し続けるGoogleの技術にあっという間に置いていかれてしまいます。解析から得た成功要素のデータをSEO対策に反映します。

しかし、軸となるのはGoogleのミッションです。

mission is to organize the world’s information and make it universally accessible and useful.
「Google の使命は、Google 独自の検索エンジンにより、世界中の情報を体系化し、アクセス可能で有益なものにすることです。」

小手先のSEOの技術に走らないようにGoogleのミッションを軸にSEO対策を考えます。最近ではアルゴリズムのアップデートが頻繁になっている為、いつでも有効なSEO施策は存在しません。常に検索エンジンのアルゴリズムのトレンドを分析し、その特性を把握してサービスにすぐに反映させることが重要です。しかし、一番重要なことは、ユーザーが必要としているコンテンツを作り、キーワード最適化してキーワードにマッチする良質なコンテンツを作っていき長く運営していくことです。

❚SEO対策の成功している競合サイトの調査

競合調査各キーワードで上位表示に成功しているWEBサイトの調査と分析も非常に大事です。あるサイトは被リンクが少なくても上位表示していて、逆にあるサイトでは大量の被リンクで上位表示している・・・。サイト個々によって上位表示できている理由が違います。なぜかというと順位決定要素は200以上あるアルゴリズムのトータル評価で決まってくるからです。しかし基本となる分析ではOpen site explorerのデータを活用し対象サイトの被リンク状況と対策キーワードで上位表示しているサイトの被リンク状況を確認します。被リンク数、ドメイン数、ドメインの強さを表すdomain Authority,被リンクのアンカーテキスト、スパムコードなどを確認します。被リンクの質と数から現在の上位表示しているサイトと対策サイトを比べて何が足りないかを抽出します。また、サイト内部のインデックス数とサイトコンテンツを確認し様々な要因を特定していきます。

SEO申込

SEO対策の専門コンサルタント:俺のSEO.comのTOPへ戻る