SEOと深い関係を持つWeb標準化

Web標準化とは、www技術の標準化を進める団体であります。 W3Cが勧告る文法仕様に準拠したページを作成することを指す。そこで、 Web標準化導入のメリットを2つ挙げてみよう。 1つ目のメリットとして、 Web標準化されたサイトでは、デザイン情報を CSS (Cascading Style Sheets )ファイルに記述し、文書の論理構造をHTMLファイルに記述するため、デザインと論理構造が分離され、 HTML ファイルのソース量を大幅に削減することができる。そのため、ページサイズが 軽量化し、表示速度も高速化されるためユーザにとって使いやすいWebサイト、すなわちユーザビリティの高いWebサイトを実現できる。 さらに、 Web標準化されたWebサイトでは、 CSSを利用することによりデ ザインと論理構造が分離される。そのため、 CSSが無効なブラウザや音声読 み上げソフトにも対応することができる。利用環境や身体的制約などに関係なくアクセスしやすいWebサイ ト、すなわちアクセシビリティの高しWebサ イトを実現できる。これが2つ目のメリットである 。 検索エンジンは、機械的にページの内容を理解するいわゆるロボットであるが、検索ロボットは CSSが無効なブラウザと同様に、ページのデザインではなく、 HTMLの 構造を読んでページ内容を理解するため、 Web標準化された文書と非常に相 性が良い。このように、 SEOとWeb標準化は深い関係を持っており、 Web標準化を導入することでユーザにもロボットにも好まれるサイト構築を実現することができる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*