青をキーカラーにした 目的別記色イメージ

ビジネスに必要な信頼感を与える 企業サイトでもっとも目にするのは青と基調とした配色計画です。安定感や冷静さなど、ビジネスに必要な姿勢や態度を表す効果がある。彩度や明度が高めの色を使うことで、より親しみのある表情になる。

透明感の高い青は、ビジネスに関する信頼感、事 業内容の透明感など、明るく清潔な印象を与えたい 場合に適している。 RGB 三原色のBの原色にやや緑を加えたような、 ピュアな青を利用する。赤みがかった青は個性的ではあるが、透明感にやや欠けるので避ける。 類似の色相でカラーバリエーションを選択し、ポイン卜となる色を選ぶ場合は、ピュアな青の補色に近く、 調和性の高いオレンジ色を使う。 ページ全体の背景には白やごく薄いグレーを使って、ページ全体から透明感が伝わるようなスタイルをつくるとよい。

クリーンさ清潔感を出す 清潔感という印象は寒色系の類似色相による配色で表すことが可能だ。堅実さを表現する場合は青と白の組み合わせを使うケースがよくみられるが、清潔感は緑色を併せて使うことで、さわやかな印象が加わる。 配色パターンに緑色が入った場合、目立たせたい ポイントの部分に対して、緑と補色関係にある赤を使ってまとまりをもたせることがある。 また、清潔感を目指したカラーバリエーションにク、 レーを含める場合は、ミドルグレーよりも暗い色を使わないほうがよい。カラーバリエーションに含まれる青と 同程度の明るさのグレーは、隣接すると赤みがかつて 見えてしまうので、青と明度差の大きいグレーを使うことも意識しよう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*