時事ニュースから

こんな記事目に留まりました。

「アーウィン女性探偵社」経営会社が破産 SEO対策費の削減が裏目に

東京商工リサーチによると、「アーウィン女性探偵社」を経営していたアンエージェンシーが3月22日、横浜地裁に破産を申請した。負債総額は約1億2000万円。広告宣伝費の負担が重く、コスト見直しでSEO対策費を削減。同業他社との競争が激化する中、SEO対策にコストをかけなかったことが、かえって受注機会の減少を招き、業績不振が続いていたという。
推測するに、恐らくSEOで順位を落としてしまい、受注機会が減り売上数字が立たなくなったのではないでしょうか。Google日本法人のアップデート後、順位を落としたお客様からの問い合わせがかなり増えています。1ページ目にいたのに急に50位以下や圏外になってしまったケースが多いです。そういったWEBサイトは長いこと色々とSEO対策をしてきたケースが多いです。たくさんの外部リンクがついていて低品質な被リンクの否認をしなくてはいけません。ただ単に、被リンクを増やしてくれるSEO業者や成果報酬のSEO業者ではもはや太刀打ちできなくなっているケースです。弊社のようなSEOコンサルができる業者でないと順位復活は厳しいです。