擬似クラス

「擬似クラス」を使用する

aタグを使って指定したりンク先が訪問済みか未訪問かによってスタイルを変えるには、「綴似クラス」と呼ばれる特別な書式を使用します。未訪問のリンクは「a:link」、訪問済みのリンクは「a:visited」としてスタイルを指定します。ここでは未訪問のときは緑、訪問済みのときはグレーになるようにスタイルを設定しています。

「a:hover」擬似クラスを使用し、リンク部分にマウスポインタを合わせたときにスタイルを変更することができます。サンプルでは、マウスポインタを合わせたときに背景色が黄色になるように設定しています。

「a:active」擬似クラスを使用するとリンクが選択されている間だけスタイルを設定することができます。サンプルでは、アクティブな間色を赤色に設定しています。

ソース所の改行、2つ以上連続する空白文字、行頭の空白文字などはブラウザには無視されます。pre要素を使うと、<pre>から</pre>までの文字列は改行、空白文字もソースのとおりに表示されます。