単語数とSEO

コンテンツ対策では「コンテンツの文字数が00文字以上必要である」という考え方が諸説あります。 1 ページに 400 文字以上は必要と考える人も いれば、 600 文字以上がベストと考える人もいます。この発想は、検索エンジンのクローラーが、文字数の少ないコンテンツを「低品質なページ」と 判断するケースがあることから生まれたのだと思います。 このため、コンテンツのボリュームを稼ぐためだけに同じ内容の文章を繰り返し掲載するWEB サイトもたくさん生まれましたが、この方法はコンテンツ対策として通用しません。なぜなら、テキストの文字数が増えても、同じことが何度も繰り返して書かれているだけで「単語数」が増えないからです。つまりGoogleが重視しているのは、文字数ではなく単語数なのです。単語数とは、単独で意昧をなさない助詞を除いたすべての品詞を「単語」としてカウン卜していると言われていますが、現実的には、「キーワードになり得る言葉」はすべて単語と考えましょう。 単語数を増やすには、記事の書き手のボキャブラリ ーは確かに重要ですが、 重複しない内容の記事を丁寧に書いていけば、自然と単語数は増えていきま す。コンテンツの文字数は特に意識していませんが、 1 ページあたりの「単語数」は必ずチェックするようにしています。総単語数は最低でも400 語以上は必要と考えています。総単語数で400語ということは、実際の文字数は1000 文字前後になると思います。 通常、文字数が多ければ多いほど総単語数も増えていきますが、文字数を増やしても総単語数が増えていかない場合は、同じような文章になっている可能性が高いので改善する必要があります。