内部対策で決めたキーワード

内部対策で決めたキーワードを使って対策する
コンテンツ対策の基本は「内部対策で設定 したキ ーワードを反映させる」 ことです。ホームページ全体を見渡し、各ページごとにキーワードを振り分けていきました。このときに用意したキーワ ードを、それぞれのページの コンテンツに含ませていきます。 この点は、コンテンツ対策に取り組む前に 充分に注意しましょう。どんな内容のページになるのかは、キーワードを決 めた時点で決定している、ということです。

ですが、難しく考える必要はありません。内部対策で決めたタイトルタグ のキーワードに沿った内容でコンテンツを作成すればいいのです。
営業時間というキーワードが用意されたページなら、店舗の営業時間につ いての説明だけを書けばOK です。この点を気をつけるだけで、間違った内容にはなりません。

キーワードとコンテンツの関係と同じく、 SEOのコンテンツ対策に取り組む前に注意したいのが「文字数と画像のバランス」です。 GoogleがWEB ページのコンテンツを評価するもっとも重要な要素は「テキス卜」です。したがって、テキストをふんだんに使った文字ばかりのペー ジを用意すれば、 Google からの評価は上がります。しかし、ユーザーはど うでしょう? 文字しか書いていないページは、ほとんどの人がすぐに離脱 してしまいます。時間をかけて文字を読み続けないと正しい内容が把握しに くいのですから、これは至極当然です。 すると今度は、 Googleに「滞在時間」を調べられてしまいます。これは、「ア クセスしたユーザーがどのくらいサイトに滞在していたか」という数字です。 この数字が短いと、「膝力がないページ」と判断されてしまいます。ここでは、コンテンツの内容はテキス卜だけでも、画像だけでも問題があるということを理解してくだ