テキストを強調する

強調したい箇所を表すタグがemタグとstrongタグで、strongタグのほうがより強い強調を表します。これらのタグを単純に指定した場合、emタグが斜体、strongタグが太字で表されますが、いろいろなスタイルと組み合わせることによって、視覚的な強調の効果を高めることができます。サンプルではstrongタグに文字色を適用しています。

line-heightブ口バティで行間を指定する

テキストの行間を指定するのはline-heightプロパティです。より正確にいうと、line-heightプロパティは行の高さを指定するもので、これを大きく取れば行闘が大きく空くわけです。値には具体的な長さを単位付きで指定する方法と、フォン卜のサイズ(font-sizeプロパティの値)に対する比率で指定する方法があります。比率で指定する場合はフォン卜サイズに対して何倍かを示す整数かまたはパーセンテージで指定します。また、キーワード「normal」を指定すると、ブラウザの設定によりもっとも適当とされる行間に設定されます。

スモールキャピタル文字を表する

大文字でありながら、小さく表記する文字のことを「スモールキャピタル」と呼びます。このスモールキャピタルを表示させるには、font-variantプロパティの値に「small-caps」を指定します。また、ソースにはスモールキャピタルにしたい文字は小文字で記述します。