コンテンツ内共起語

共起語(きょうきご)とは、SEOでは「キーワードと一緒に出現する言葉」という 意味で使われ ています。 例えば、化粧水を販売するサイトの記事内で「化粧水」 という言葉が使われると、「化粧品」「美容」「効果」などの言葉がセットで使われている可能性は非常に高いです。この場合、「化粧品」「美容」「効果」という言葉は、「化粧水」というキーワードの共起語とみなすことができます。 キーワードと 一緒に共起語がコンテンツに含まれていると、 Googleから 自然な文章として認識され、検索結果の上位に表示されやすくなるのです。 実は、共起語をどのように使えばSEO の効果が得られるのかはよくわかっ ていません。しかし Google が共起語を重視しているのは確実で、共起語を コンテンツに加えた途端、一気に検索結果の表示順位が上昇したというケー スを筆者は何度も体験 してい ます。 ただし、ページのキーワードに沿って訪問者のニーズを意識した文章を書いていけば、自然と共起語は文中に積み重なっているはずですので、それほど神経質になる必要はないでしょう。