エンタメ系企業サイト

 

カテゴリごとに取り上げるべきアイテムの量が多く、しかもアイテムごとに印象がばらばらという難しさがある分野。まとめるコツはサムネイルのグループ化を囲みスタイル作りの丁寧さにある。

エンタメ系企業といえば、ケープルテレビ局など、のメデ.イアを売る 企業である。こうした企業の商材は番組や映画などのいわゆる「タイトル 」だ。タイトルは「テレビ版」「映画」「動物もの」「ドキュメンタリー」「教育」などとカテゴリに分けることはできるものの、各カテゴリで取り上げるタイトルの上限などをあらかじめ決めておくことは難しい。そもそもカテゴリは各タイトルを仕分ける目的で作られたものであり、カテゴリを前提としてタイトルがつくられているわけではないのだ。そうなると、エンタメ系企業のトップページには、新着順にさまざまなタイトルがひしめきあう状態になる。この状態でビジュアル的なまとまりがあって、かつ全体が均一に目立っている状態をつくることは難しい。このような条件では、各タイトルをうまくサムネイル化するデザイン処理が有効だ。サムネイルは単にタイトルの1シーンが含まれているものであるだけでなく、 1シーンと簡単なタイトルの説明、題名が決まった体裁で、コンパクトなカードのようにレイアウトしである状態がよい。このカードを均一に並べるテンプレートがホームのぺージデザインの最も一般的なレイアウトとなる。