SEO対策

SEOの対策は「内部対策」「外部対策」の 2種類に分類されるのが一般的でした。しかし現在では、これまで内部対策の一部として扱われていた「コンテンツ」の重要度が激増しています。 Googleが、あらゆる WEB ページのコンテンツそのものを重要視するようになったからです。日本でも導入されたパンダアップデート」により、Google は低品質のコンテンツを掲載したサイトに対して低評価を下すようになりました。そして、コンテンツの質をアップさせることそのものが、 SEO対策として 作用するようになったのです。コンテンツ SEOという言葉がネット上に 出現したのも、このころからだと思います。 SEO のコンテンツ対策は、「検索してきた閲覧ユーザーに良質のコンテン ツを見せること」につきますし、実際、 Google の狙いもそこにあります。 こうなってしまうと、スペシャリストの用意する文章と画像を使ってセンスよくページを作りこむことが最良のようにも思われます。ですが、 Google がどのように良質のコンテンツを見極めているかを考えると、文章や画像の スペシャリストではなくてもSEO のコンテンツ対策が行えるようになります。

SEO対策で一番必要なのは “根気”です。テクニックや知識ももちろん必要だが、結果が見えづらく、単調作業が続くSEOは、その仕事の性質上、どうしても途中で挫折しやすい。しかし、一度だけでも SEOを用いて検索結果で上位表示に成功した人は、SEOを根気よく長続きさせるケースが多く、さらに売上を安定して伸ばし続ける人が多いのも事実である。

検索エンジン側が 、ホームページを認識して上位に表示させるためには、どうしてもタイムラグが生まれてしまう。その結果、作業を頑張って続けても、検索結果で上位表示させられるのは 3ヶ月から半年先。しかも、必す結果が出るかは分からないし、その結果も、SEOの効果が発揮されるのは3ヶ月 1半年後
SEO は果たしてどれだけ重要な仕事なのか?
検索で トップなのか 1 00 番目なのかも分からない。 だんだんSEOに対する気持ちが冷めていって、 「難しかった」「効果が出 ない」という判断を下して、二 度と SEOをやらなくなってしまう。 効果が出ないという仕事は、それだけ人のやる気を萎えさせてしまうものなのである。

そんな競合の多いキーワードをいきなり狙わず、最初は誰も狙っていないライバルの少ないキーワードに的を絞り、検索結果で上位表示を目指せば、期間も短く、初心者でも簡単に結果を出すことができるのである。

SEO対策は補助的役割ではあるものの、ネットビジネスでは絶対に欠かすことのできない戦略である。 キーワード広告と両方を回転させて、初めて効果を発揮するものであり、 SEOだけでは、どうしても「こんなもんか」という残念な販促効果しか 発揮することができない。
これからSEOを行う人は、絶対に効果を発揮させるために、同時にキーワード広告の攻略も行って欲しい。決して SEO だけしかやらないという行為だけは止めて欲しいのである。 さらに突っ込んで言わせてもらえれば、 SEOの効果を 120% 発揮するには、どうしてもキーワード広告という武器を使わないと、戦力効果としては半
分も発揮してくれないのである。もちろん、 キーワード広告もSEOと同じよ うに、理解するのにちょっと手間のかかる戦略ではある。しかし、 SEOに比べてルールが単純なので、広告の管理機能さえ使い慣れれば、決して 難しいシステムではない。